ぎっくり腰の対処はこのページへ

ぎっくり腰対処法のまとめと予防

ぎっくり腰になった時の対処まとめ

ぎっくり腰になってしまった時の対処法をまとめます。これはあくまでも一例です。状況によりすべき対処は変わってきます。
1.まずは安静に
突発的な痛みにも、慌てずに。まずはむやみに動かず、寝転べる場所で横になりましょう。腰を丸めた姿勢をとると多少楽になる場合が多いそうです。
2.患部を冷やす
痛みの原因となる炎症物質は48時間出続けます。まずは徹底的に冷やしましょう。アイスパックを使う場合霜が付着しているとしもやけになってしまうことがあるので、キッチンペーパーや薄めのタオルに包んで使ってください。
3.痛みを和らげる
冷やすことでもある程度痛みは和らぎますが、痛み止めが手元にあるときは使うのも手です。
4.ある程度治まったら動く
無理のない範囲で積極的に動きましょう。この段階でも患部を冷やすのは忘れずに。
最後はぎっくり腰の予防についてです。発症を防ぐためにも、再発防止にも参考にしていただければ幸いです。

ぎっくり腰の予防

ぎっくり腰先述した通り、ぎっくり腰は様々な原因・きっかけで発症します。そのため「これは必ず効果アリ!」と言えるような予防法は今のところありません。ですが、何もしないよりは少しでも発症を防げた方が良いですよね。
ぎっくり腰は腰部に過剰なストレスがかかることによって起こります。なので、常日頃から腰を大切にすることが一番の予防法です。腰に負荷がかかる姿勢をとらない。筋肉の柔軟性を保つ、などです。自分の無理のない範囲で行ってくださいね。
例えば、重いものを持つときに脚に上手く力を入れられるようになると、腰への負担は格段に減ります。また腹筋や背筋があると、それらの筋肉が、腰が過度に曲がらないように負荷を担ってくれます。
筋肉の緊張も腰部へのストレスのひとつになるので、緊張をほぐすためのストレッチやマッサージも効果的です。太腿や臀部など、腰周辺を中心に全身を解きほぐすのがベストです。

TOPへ戻る